五光発條株式会社
246-0008 神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町25-16

さまざまに活躍しているバネ達

バネと聞くと螺旋状に渦を巻いた針金というイメージが1番に出てきますが、バネの形状にも様々な種類があり用途によって使い分けられます。
身近な場所では、洗濯バサミに使用されているねじりバネや板バネが目に留まります。
もちろん目に触れる部分だけではなく機械の内部にもバネの利用個所が沢山あります。
先ほど紹介したねじりバネや板バネなどの物を挟み止めたり蓋を開いたりすることが得意分野であり日用品では、 折りたたみ式携帯電話の開閉や炊飯ジャーの蓋の開閉部分などに利用されているのを見かけることが出来ます。

そんな身近な場所以外でも大きな重量を支えたり発生する振動を和らげることを得意とするバネも存在します。
それは多くの人がバネと聞くとすぐに思い浮かべるコイル状バネ。
身近では車のサスペンションやベットマッドレス、ノック式ボールペンだったり、まさかこんなところにバネが?!というような建物の基礎工事部分に施される耐震処理システムに、と1番多くの用途に利用されているのがバネなのです。
昔ホッピングと言う遊具で遊んだことのある方ならば、ジャンプした時に発生する激しい衝撃をコイルバネが吸収して、蹴り足の力加減によって次の跳躍をコントロールする事が出来る、このイメージを思い浮かべてもらうとコイルバネの使用用途が分かり易いと思います。

さて、お次は引きバネの紹介をしてみようと思います。
今まで紹介したバネとは違い通常状態では常に縮んだ状態であり重量をかけると重さに比例してその長さが伸びてゆくタイプのバネです。
このバネが使われている物として真っ先に思い出すことができるのが、理科の実験などで利用した吊りバネ秤ではないでしょうか。
引きバネが重量によって伸びる事を利用して重量を計測するのですがこの利用方法以外にも特性を利用したばねの隠れた使い方が考え出されています。
それは、バランサーと呼ばれる利用方法でミシンで使用する糸のたるみを取り一定の張り具合を保ったり自転車のチェーンがシフトチェンジに合わせての移動を滑らかにサポートしたりと、見えない部分でとても重要な働きをしてくれています。

あと忘れてはならない板バネとコイルバネのハイブリットであるゼンマイですね。
コレまで紹介したバネとは異なりエネルギーを備蓄し一定の速度でエネルギーを使用できるバネです。
ブリキのおもちゃやオルゴール、精密な手巻き式腕時計などに使用されているのを見る事が出来ると思います。

一言でバネといっても形や用途は様々、私たちの知らない場所で日夜生活を文字どうり支えてくれている世界もあるのです。

金属ばねのブロック スプリンク ばねの通販 マトリッ君 高価買取中 内職者募集中 神奈川の社長TV international