五光発條株式会社
246-0008 神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町25-16

五光発條トピックス

潜むばね

こちらも自動車のパーツ、
20170321_goko04
ここにもバネが潜んでいました。
殆どが機能部品として見えない場所にあるバネ、自分達が作ったバネが実際に使われているところを見ると やっぱりうれしいものですね。
特に生産担当者は一段とバネに愛着が湧いてくるようです。
今日も良いものづくりを ひとつ ひとつに想いをこめて。

縁の下の力持ち?

こちらは とある自動車部品
20170321_goko03
見えないところで健気に頑張る重要部品
そうそう あんな所にも、こんな所にも・・・
皆さんの間近で役立つバネがきっとある。
春爛漫 スプリングのことなら 年間通して五光グループへ お気軽にお問い合わせ下さい。

ワインホルダー、人気です

人気のワインホルダー(富士山)、受注生産のゴールドのご注文が入りました。

20170321_goko01
しかも2個のまとめ買い、大変ありがとうございます。

20170321_goko02
専用パッケージで一段と豪華に。
これは かっちょ良い。
ちなみにシルバーは電解研磨仕上げ、ゴールドは金メッキとなります。
●工場直販価格
シルバー:3000円
ゴールド:5500円
ワインと共に思いを込めて、誕生日や記念日に如何でしょうか。
絶妙なバランス感覚が素敵です。

オシドリ夫婦?

14695304_1224709460905161_5176865927376587386_n 14717212_1224709457571828_8399414254669581967_n

最近はバネさんのお仕事も 多能工化、マルチタスク と申しましょうか、結構忙しいようです。 こちらは 押しバネ と ねじりバネ のおしどり夫婦、共働きで仲良くやってます。

 

押しバネ+フック

14502900_1213766705332770_5821009663649579843_n 14470406_1213766708666103_4790166678765648702_n

「押しバネにフックがあってもいいじゃないか」と○本太郎先生が言ってなかったですかね、・・・

いや、あれは「グラスの底に顔があっても・・」 でしたね。

直ぐに分かった人は、古き良き時代の 昭和枯れすすきです。

何かと縛りが多い世の中ですが、発想だけは自由自在で行きましょうか。

衣替え?

14572303_1212208352155272_920332512261317911_n 14572997_1212208355488605_8002183391379856713_n 14517664_1212208335488607_1015818998668015892_n

捩じりバネ 亜鉛めっきで衣替え

季節の変わり目ですね、皆様体調管理には十分ご注意下さい。
当然の事ながら私共 企業戦士には健康管理も大切な仕事です! ゲッホ ゲホッ。
暴飲暴食も控えましょう。 くしゃみひとつでベルトのバックルが弾け飛んだことがありますか?
これはかなり深刻です。もし公共の場であったら永遠に語り継がれることを覚悟しなければならないところでした・・・と知人が言っていました。

引きバネ

14432966_1200236176685823_8978123936863529213_n 14354963_1200236183352489_3613265927789185145_n

画像手前、 引きバネのダブルフックタイプです。
力量が強く、組み付け時に手で引っ張ることが難しい場合に、治具で引っ張り易いように専用のフックを追加工したものです。
バネ単品の加工費は上がってしまいますが、各段の作業性UPによるトータルコストの低減に貢献します。

クラッチバネ

14370103_1199349100107864_4208387880541395011_n

クラッチバネの角線タイプです。
クラッチバネはシャフト軸の回転方向がバネの巻きしまり方向の場合、バネの内径が小さくなりシャフトにロック、つまり回転方向で「回る・止まる」を制御する機構に使用されます。
機能上 バネの内径管理に高い精度が要求されます。
GOKOグループでは早々のころから様々なクラッチバネを作製しており、そのノウハウから、より安心の品質をご提供させて頂いております。

防錆処理

14317566_1194728053903302_5501478889308035850_n

昨日からの色つながりです。

さて、画像の押しバネは ピアノ線を加工後、防錆のために亜鉛メッキしたものです。
普段、防錆処理のひとつとして何気なく扱っていますが、良く見ると 淡い玉蟲色といいましょうか、色合いがなんとも魅惑的で、夜のネオンに揺らめく陽炎のような・・・・いや実に良い色と思いませんか?
これ、 自社製品への応用も有かと。メッキ処理毎の色ムラがちょっと難点だけど、この色 良いなー 

バネの熱処理:その2

14264929_1190442180998556_1539119678286318749_n

バネ熱処理、ブルーイングの ビフォー アフターです。
見事な色の変化、 同時に腕部の位置(巻き角度)が変化しているのが お分かりでしょうか?
ピアノ線は一般的に熱処理でコイル径が小さくなる、巻きしまりの方向に変化します。
従いまして、製造担当者はこの変化を予測して熱処理後に規格満足するよう加工しなくてはなりません。
この予測・先読みの日常が、バネ屋の製造担当者をギャンブラーに足らしめている要因(ギャンブル好きが多い)です。
しかし、「勘」や「賭け」で機能部品のバネをつくられたら堪ったものではありませんね。
生産現場には検証と分析に基づくノウハウの蓄積が日々行われているのです。たぶん、勘ですが・・。