五光発條株式会社
246-0008 神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町25-16

五光発條トピックス

ギターのカポタスト

ギターのカポタスト、様々なタイプが有りますが、こちらは中に捩りバネが仕込まれていますね、合格。 バネを見つけると何故か嬉しい職業病。

20246176_1505179879524783_7250205115852386552_n

20245595_1505179942858110_2422693298156879399_n

20258415_1505179979524773_6322609268911380165_n

「コマ大戦新聞 2017年春夏号」に掲載されました!

「コマ大戦新聞 2017年春夏号」に掲載されました!

くわしい記事の内容は
コマ大戦新聞 2017年春夏号(PDFファイル)
からご覧いただけます!

16年度年間ランキング【2位 五光発條㈱ 神奈川】に決定いたしました。

巨大引きバネ

18880149_1454464977929607_6992250240810287437_o
巨大引きバネ 。

18880336_1454464981262940_6745760456351448326_o

こちらコイル径に対して線径が細いため、持ち上げると「でろーん」ってなります。

18893387_1454464974596274_256765474455268853_n

引っ張るばかりが引きバネでは無かった。何にどう使うかは内緒です。
バネの道は まだまだ深く 可能性に満ちていた。

SPRING JEWERLY が紹介されました

2017年4月11日テレビ東京「ゆうがたサテライト」にてJUMP UP JAPANさんとの協創、SPRING JEWERLY が紹介されました。
関係者の皆様 大変ありがとうございました。

20170413_01

20170413_02

20170413_03

NPO法人ETIC に記事が掲載されました。

17342574_1374899365886169_325877359004781993_n
NPO法人ETIC に 五光発條の記事が掲載されました。
ありがとうございます。「 2017年3月YOKOHAMA 地域に根付いた ものづくり企業。 地域貢献活動に取り組む 」

・・・誰かを喜ばせる。
損得ではなく 「ありがとう」と声をかけてもらえる存在になることも、自分達の存在意義や やりがいとして大きい・・・。
様々な活動を通して、いただいた嬉しいご縁を大切に、今後も社員一同 取り組んで参ります。

潜むばね

こちらも自動車のパーツ、
20170321_goko04
ここにもバネが潜んでいました。
殆どが機能部品として見えない場所にあるバネ、自分達が作ったバネが実際に使われているところを見ると やっぱりうれしいものですね。
特に生産担当者は一段とバネに愛着が湧いてくるようです。
今日も良いものづくりを ひとつ ひとつに想いをこめて。

縁の下の力持ち?

こちらは とある自動車部品
20170321_goko03
見えないところで健気に頑張る重要部品
そうそう あんな所にも、こんな所にも・・・
皆さんの間近で役立つバネがきっとある。
春爛漫 スプリングのことなら 年間通して五光グループへ お気軽にお問い合わせ下さい。

ワインホルダー、人気です

人気のワインホルダー(富士山)、受注生産のゴールドのご注文が入りました。

20170321_goko01
しかも2個のまとめ買い、大変ありがとうございます。

20170321_goko02
専用パッケージで一段と豪華に。
これは かっちょ良い。
ちなみにシルバーは電解研磨仕上げ、ゴールドは金メッキとなります。
●工場直販価格
シルバー:3000円
ゴールド:5500円
ワインと共に思いを込めて、誕生日や記念日に如何でしょうか。
絶妙なバランス感覚が素敵です。

オシドリ夫婦?

14695304_1224709460905161_5176865927376587386_n 14717212_1224709457571828_8399414254669581967_n

最近はバネさんのお仕事も 多能工化、マルチタスク と申しましょうか、結構忙しいようです。 こちらは 押しバネ と ねじりバネ のおしどり夫婦、共働きで仲良くやってます。

 

押しバネ+フック

14502900_1213766705332770_5821009663649579843_n 14470406_1213766708666103_4790166678765648702_n

「押しバネにフックがあってもいいじゃないか」と○本太郎先生が言ってなかったですかね、・・・

いや、あれは「グラスの底に顔があっても・・」 でしたね。

直ぐに分かった人は、古き良き時代の 昭和枯れすすきです。

何かと縛りが多い世の中ですが、発想だけは自由自在で行きましょうか。